港南区で整体・カイロをお探しなら、カイロプラクティック ケアセンターへ

トップ >  症例 > 患者さんの声 > 『椎間板ヘルニアが(1年間苦しんだ)。。。』Vol.043 

『椎間板ヘルニアが(1年間苦しんだ)。。。』Vol.043

2年ほど前から腰が痛くなり、我慢しながら仕事を続けていたら、昨年の11月に腰から足の甲まで激しいシビレと痛みに襲われて歩行もままならなくなりました。近くの整形外科で診てもらったら椎間板ヘルニアの疑いがあるのでと総合病院を紹介されてそこでMRIの検査を受けました。その結果、椎間板ヘルニアと診断され、取り合えず2週間の入院をしました。

その間、4回の硬膜外ブロック注射と、ベッドに取り付けられている牽引器で午前と午後の2回ずつ毎日牽引をしておりました。入院時の激痛と激しいシビレはなくなりましたが、臀部から足の甲への鈍痛とシビレは取れておりませんでした。足を引きずりながらの歩行しかできない状態でした。先生の意見ではこの療法でだめなら手術しか方法がないので、手術をしたほうが良いとのことでしたが私は手術はしたくなかったので、整形外科をやめて鍼治療に3ヶ月通いましたが著しい効果が得られませんでした。

その後、中国整体やソフトカイロ、気功等、いいと思う治療は2ヶ月サイクルで受けてみましたがやはりシビレと鈍痛はなかなか取れませんでした。インターネットで他の治療法を色々と検索してみました。そこで私のようなヘルニアの方が良くなられた体験談が記載されていた佐々木先生のカイロ治療に賭けてみることにしました。

先生の診断では、L4~L5に右側方変位(ズレ)が診られそのため神経圧迫があるのでその部位を矯正してみましょうと言われて、矯正用のベッドに寝かされ腰椎のズレのある部位(L4~5)に矯正施術を行いました。矯正後に痛みのある筋肉にレーザー療法と超音波療法を行いました。

3度目までは痛みが増幅したみたいで返って悪くなった気がしましたが、事前に先生から言われていましたので我慢しました。7回目の治療が過ぎたころからシビレている部位がせまくなり、時間も間隔が空くようになってきました。

11回目の治療後、鈍痛がほとんど感じなくなっていました。シビレも足首の外側と足の甲にうっすら感じる程度に変ってきました。この時に私は「治る」と確信が持てたのでした。

私の椎間板ヘルニアの症状は17回のカイロ治療で完全によくなりました。治療を終えて2週間経ちますが、まったく快調で仕事に復帰しております。

椎間板ヘルニアでお悩みの方に、自分の体験からカイロ治療を自信を持ってお薦めしたいものです。

板金業 斉藤 実

 
ご予約はお電話で

他の症例を探す

部位
症状
首・肩
背中
腰・脚
股関節・お尻

一覧を見る

アクセス

〒233-0015 横浜市港南区日限山2-1-33 日限山開成ビル3F

《最寄駅までの路線図》
【横浜市営地下鉄】
戸塚=舞岡=下永谷=上永谷=港南中央=上大岡

【神奈中バス】
上永谷駅=丸山台=丸山台中学校前=日限山

【江ノ電バス】
戸塚駅=東戸塚小学校入口=吉田町=日立和敬寮前=熊の堂=道岐橋=桜堂=スポーツ公園前=日限山=丸山台中学校前=丸山台=上永谷駅

診療時間

平日 9:00~19:00
土曜日 9:00~17:00
祝日 9:00~14:00
定休日:日曜日・年末年始

↑ PAGE TOP